とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

経済学者の多くはパリ協定の2℃目標を達成困難と考えている

パリ協定は、2015年12月に採択された、地球温暖化防止を目的とした国際的枠組みである。

地球温暖化防止を目的とした国際的枠組みには過去には京都議定書(1997年に採択)があったが、京都議定書が主に先進国を中心とした枠組みであったのに対し、パリ協定は世界の196カ国・地域を対象国とした枠組みであることが大きく異なる。

パリ協定においては、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えることをめざし、「1.5℃未満」も努力目標とする数値目標が盛り込まれている。

ただし、京都議定書が国別のCO2削減義務を設定していたのに対し、パリ協定では削減目標は各国が目標値を自ら決定出来るようになっている。

ここでパリ協定には疑問が生じる。それは、各国が目標値を自ら決定するのでは、気温上昇を2℃未満に抑えることが出来るのかということである。

現在、世界の各国で最大の内政的な課題となっているのは、経済発展の問題である。CO2削減は主流派の経済学(新古典派の経済成長理論)で考える限り、経済発展を損ねる結果となる。

主流派の経済学でCO2削減が経済成長を損ねない条件は、CO2が発生しないエネルギーを用いることのみである(あるいは放出されたCO2を回収・貯蔵することや植林でCO2を固定すること。もちろんそれには費用もかかるが)。

このため、温暖化防止にはある程度、経済成長を犠牲にすることは避けられないと考えられている。温暖化防止が新産業を造り出し逆に経済成長を促進するという意見もあるが、それは少数派である。

そこで持ち出された考え方が、CO2を発生しない新エネルギーが発達するまでの間は経済的に無難なCO2削減を行い、新エネルギーが成熟してから大々的な削減(最終的にはCO2無排出あるいはマイナス排出)を行うという考え方である。ただし、グリーンランドの氷河が溶けたりすると海水面上昇が起こるので、新エネルギーが発達するまでの間もある程度の削減はすることが前提である。

この考え方は「オーバーシュートシナリオ」と呼ばれる。これは既に http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-7.html で紹介したが、もう一度掲載する。

(以下、引用 http://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=4337

地球温暖化による温度上昇を2℃以内に収めるためには大気中のCO2濃度を450ppm以下に留める必要がある。しかしながら、既に430ppm程度まで達している現実を踏まえ、一時的に450ppmを超えるが早急に、450ppm以下に落ち着かせるというシナリオである。一時的に450ppmを超えても100年程度の間の累積排出量が450ppm以下の場合と同様であれば、環境影響は450ppm以下に抑えた場合と同様となるという考え方に基づく。
 当面は、経済的に無難な削減策により、濃度は550ppmまで一時的にオーバーシュートするが、将来の大胆な温室効果ガス削減技術により、450ppm以下まで減らすというもので、いずれにしても大気中に一度放出されたCO2を回収し、大気中濃度を将来下げるというもの。多くのオーバーシュートシナリオでは、バイオマスCCSや広範な植林を想定しているが、実現可能性は低いとの指摘もある。(2015年7月作成)

(引用終わり)

上記の引用文ではオーバーシュートシナリオでも温度上昇2℃以内と同様になると書かれているが、実際に検討されているオーバーシュートシナリオ(例えば、http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201312/277004.html )では2.2℃くらいに上昇する期間が相当期間(2100年~2150年あたりまで)ある。

経済学者はGDP上昇を前提とした世界観を持っているから、パリ協定は一種の努力目標と考える傾向が強い。また、経済学者は国益の追求には熱心だが全体としての「地球益」の追求にはあまり熱心ではない。このため、経済学者の地球環境政策はどうしても消極的になりがちである。

したがって、パリ協定の2℃シナリオではなく、オーバーシュートシナリオが経済学者と自然科学者の間のぎりぎりの妥協点になるのである。但し、http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-3.html に書いた通り、今後20–30年以内に大幅なCO2をしなければ、地球生態系は壊滅的な打撃を被る可能性が高いという見解も重視する必要があり、オーバーシュートシナリオでも本当に地球が壊滅的な打撃を受けないかどうかは、更なる研究が必要になるだろう。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村

PageTop

宇宙太陽光発電の実現可能性について

自然エネルギーというと、現在普及が進んでいるものに太陽光発電がある。

太陽光発電は地球温暖化防止のための技術としては優れているものの、短所も色々とある。

第一の短所は発電量が不安定である点である。太陽光は天候に大きく左右され、また夜間は出力がゼロになる。

第二の短所は発電施設に多くの面積を必要とする点である。これは変換効率によっても変わるが、現時点では太陽光発電の発電施設には大きな面積が必要である。

第三の短所は発電コストが高い点である。太陽光発電は発電時のエネルギーコストはゼロであるが、設備導入コストが他の発電方法と比較すると高いため、発電に要するコスト全体で比較すると他の発電方法と比較して高くなってしまう。

これら3点の短所を克服するため、現在、技術開発が急速に進んでいるが、それでもこれらの短所が完全に解決されるかどうかは現在では予測不能である。

ここで新たな太陽光発電の提案が出されている。それは「宇宙空間で太陽光発電を行い、それを地上にマイクロ波かレーザーで送電する」というアイディアである。これは「宇宙太陽光発電」と名付けられている。

この技術の詳細はwikipedia記事 https://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙太陽光発電 にまとめられているので、関心のある方は読んで頂きたい。

宇宙太陽光発電は地上での太陽光発電の3つの短所を解決出来ると考えられている。

まず、第一の短所である発電量の不安定さであるが、これについては、ほとんど1年中24時間発電できる。

第二の短所である発電施設の面積については、宇宙空間なので、地上は受電アンテナの施設のみで問題ない。ただ、日本では土地が少ないので、受電アンテナは海上に建設するのが有力な選択肢になるとされている(この点では第二の短所は完全に解決されたとは言えない)。

第三の短所である発電コストについては、京都大学の篠原真毅氏の見解 http://www.mugendai-web.jp/archives/6252では8.5円
/kwhであり、化石燃料や原子力とも十分対抗できる価格水準である。

このように、宇宙太陽光発電は従来の太陽光発電の持つ短所をかなり解決するものであると期待できる。そして、あまり知られていないが、実はこの宇宙太陽光発電の開発において世界をリードしているのが日本なのである。

ただ、宇宙太陽光発電には特有の短所もある。それは発電装置の打ち上げと宇宙ゴミ(スペースデブリ)の問題である。

発電装置の打ち上げに関していうと、1万tから2万tの物資を打ち上げることになり、1回50t(スペースシャトルの搭載貨物量の倍)を打ち上げるとしても、300回以上の打ち上げが必要になる。これを考えると、宇宙太陽光発電には超大型の宇宙往還機が必要となり、それが実現するのはかなり遠い将来になりそうだ。

また太陽電池に宇宙ゴミが当たって性能が劣化して行くことも考えると、宇宙ゴミの当たった箇所の修復技術なども必要となる。

したがって、http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-22.html で紹介した加速器駆動未臨界炉、また http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-30.html で紹介したトリウム溶融塩原子炉、 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-11.html で紹介したエネルギー消費を1/10に減らす技術と比べるとハードルがより高いと言える。

ただ、技術革新には何が起きるか分からない事もあるので、宇宙太陽光発電の技術開発を続けることはある程度の合理性を持つと言えるだろう。

例えば、この宇宙太陽光発電の技術開発から派生して生まれた技術として、マイクロ波による携帯電話のワイヤレス充電がある。これはアメリカでベンチャー企業が開発を進めている技術で、受電アンテナを埋め込んだ携帯端末をポケットに入れて、マイクロ波スポットに移動すると勝手に携帯電話に充電されるという技術である。また、携帯電話以外でもマイクロ波送電で無線充電出来る機器が色々あると考えられる。

結論として、「宇宙太陽光発電は実現のハードルは高いが、技術開発は続けるべし」ということになる。

なお、地球温暖化防止は技術のみでは解決されない(我々のマインドの変化も必要)という事は念を押して記して置く。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村

PageTop

地球温暖化防止は日本の技術力にかかっている:その2

2017年4月10日の日記 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-14.html において、AP1000という新型の原子炉が建設中であると書いた。

このAP1000の特徴は、原子力事故において致命的な「メルトダウン」という状態を防ぐ工夫がなされている。AP1000は米ウェスチングハウス社の設計による原子炉であるが、メルトダウン対策に基づいた設計をしている原子炉には、もう一つ仏アレバ社による「EPR」という原子炉がある。

このEPRについてもAP1000と同様に中国で建設中である。但し、建設に乗り出した後に色々と問題が発生して苦慮している模様である。これについては、http://www.snsi.jp/bbs/page/11/page:1 の記事No [34]に相田英男という人が興味深い記事を書かれているので、参考にして頂ければと思う。

現在の原子力発電が危険であるそもそもの原因は、原子炉が「臨界状態」でなければ発電が出来ない点にある。原子力発電の運転は、臨界を少しだけ超えるか超えないかの状態、すなわち臨界の安定状態を維持する必要があるのだ。この臨界の制御に失敗すれば原子炉暴走事故になってしまう。

そこで考え出されたアイディアが未臨界の状態で発電を行う原子炉である。専門家以外はあまり耳にしない言葉であるが、これは「加速器駆動未臨界炉」と呼ばれている。加速器によって加速された陽子線を照射して核破砕反応を起こし、それによって生成された中性子を未臨界の核燃料を装荷した原子炉に照射することでエネルギーを発生させる、というアイディアである。詳細を知りたい方は wikipedia記事https://ja.wikipedia.org/wiki/加速器駆動未臨界炉 を参照して頂きたい。

この加速器駆動未臨界炉は、そもそも未臨界の状態で運転をするため、異常時には核分裂の連鎖反応が止まっていく。そのため、原子炉暴走事故は原理的に起こらない。ただ、上記wikipedia記事には、日本で開発が進められている鉛ビスマスを水で冷やす設計の場合、水素爆発の危険がゼロではないと書かれている。

この加速器駆動未臨界炉の利点は、まずトリウムという資源量の多い元素を用いられること、さらにトリウム燃料サイクルが確立されればエネルギーの資源量の問題が当面は解決されること、技術の軍事転用がほぼ考えられないこと、と色々ある。

ただ、いわゆる「核のゴミ」の問題については、この技術で完全解決されるとは言えない。従来の原子力発電と異なり、核のゴミを地中に埋める期間は数100年に短縮されるが、それでも核のゴミを受け入れる自治体は増えないだろう。

また、この技術はまだ基礎研究段階にある。wikipedia記事ではベルギーが2023年に運転開始の予定であるとされているが(ベルギーの当該サイトを確認したところでは2025年頃)、京都大学の当該サイト http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/KART/ads/ads_world.html では、ベルギーの計画は示されておらず、代わりに Carlo Rubbia氏を中心とするTRADE計画というものが京都大学の加速器駆動システムの対抗馬として上げられている。

本来、エネルギー問題の最終解決手段は「核融合」と考えられているが、核融合が本当に実現するかはまだ分からない。そのため、より実用化の可能性が高い加速器駆動未臨界炉が自然エネルギーと並んでエネルギー問題・地球温暖化問題の当面の解決手段である、と考えられている(Carlo Rubbia氏は現在の原発がエネルギー問題の解決になるとは考えていない)。

なお、引き寄せの法則によると「反○○」と言うと余計にその○○が出現するそうである(科学的にそれが本当かどうかは証明されていないが)。したがって、僕も「反原発」と言うのは止めた方が原発が減るのではないか、と考え始めている。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村

PageTop

地球温暖化防止は技術だけでは無理。人類の意識変容か神の存在証明が必要。

このブログのサブタイトルは「神の存在証明と地球温暖化防止」としている。

この2つの一見、関係がなさそうな単語がどう結びついているかについて説明する。

http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-category-2.html において、僕は東京大学で行われている「エネルギー消費を1/10に削減する技術」が人類の希望である、と書いた。

しかし、単にエネルギー技術を向上させるだけでは、地球温暖化は防止出来ないと僕は考えている。

仮に「エネルギー消費を1/10に削減する技術」が2025年頃に実用化されたとしよう。そこで問題になるのがその新エネルギー技術のコストである。

世界で一番豊富な化石燃料は石炭であり、それを液化出来ればコスト的には「エネルギー消費を1/10に削減する技術」に比べると遥かに安くエネルギーが生産出来ると考えられるからである(そして、石油もまだ枯渇はしていない)。

化石燃料がまだ大量に存在する状態においては、例えば日本だけが「エネルギー消費を1/10に削減する技術」を導入したとすると、日本の製品の国際競争力が落ちてしまうのである。

これを考えると、何か「世界人類がまとまって行動する」きっかけが地球温暖化防止には必要になると言える。

僕の愛読書であるエックハルト・トールの「ニュー・アース」ではそのきっかけが「人々の意識の変容」であると言う。以下に「ニュー・アース」の該当部分を引用する。

(以下、引用 エックハルト・トール「ニュー・アース」)

p.28
生存を脅かす根源的な危機に対処する―これがいま、人類に突き付けられた課題である。

すでに二千五百年以上も前に古代の知恵ある教師たちが見抜いていた、そしていまは科学技術の発達によってますます拡大されつつある、人間のエゴイスティックな思考に固有の機能不全、これが初めて地球上の生命の存続を脅かしている。

ごく最近までは―これも古代の教師たちが指摘していた―人間の意識の変容はただの可能性にすぎず、ばらばらに離れたところで文化的宗教的な背景とは関わりなくごく少数の個人が実現しただけだった、

人類の意識の開花が広がらなかったのは、それほどの緊急性がなかったからだ。

地球上の相当数の人々が(まだ気づいていないとしても)まもなく気づくだろうが、人類はいま、進化するか死滅するかという重大な選択を迫られている

そして古いエゴの思考パターンの崩壊と新たな次元の意識の芽生えを体験している人々はまだ比較的少数であるものの、その数は急激に増加しつつある。

(引用終わり)

しかし、どれだけの人が「意識の変容」を起こし始めているのだろうか?少なくとも、数十パーセントの人々が「悟りの境地」に達さなれば、意識の変容による地球温暖化防止は無理だと僕は考えている。

そして、「悟りの境地」に至るのはとても難しいのだ(僕は、エックハルト・トールの薦める方法で悟りを試みたのだが、全然進歩しなかった)。よほど素質があるか、良い教師に出会うかしない限り、図書だけの知識で悟りの境地に至るのは困難だろう。

そこで、「多くの人々が悟りの境地に至って地球温暖化が防止される」代わりに僕が考え出したのが「客観的な神の存在証明がなされることにより地球温暖化が防止される」ことである。

これ(「客観的な神の存在証明がなされることにより地球温暖化が防止される」)は僕の直観であり、神の存在証明がなされるとどのようにして地球温暖化が防止されるのかは、僕にはまだ分からない。

ただ、客観的な神の存在証明は、誰か一人の人間が成し遂げれば良いことなので、エックハルト・トールの主張する「人々の意識の変容による地球温暖化の防止」よりはハードルが低そうに思える。

なお、主観的な神の存在証明は少なくともエベン・アレグザンダーと僕が成し遂げているので、後はどうすればそれを客観化するかという問題に移るだけなのだ(実は、その「客観化」が難しいのかも知れないが)。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


PageTop

地球温暖化防止は日本の技術力にかかっている:その1

僕は、地球温暖化の防止はもう手遅れだと絶望していた。

これについては http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-2.html の中で次のような事を書いた。

(以下、引用)

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告では、気候変動による深刻な影響を抑えるためには、「地球の平均気温の上昇を、産業革命の前と比べて「2℃未満」に抑える」ことが必要だと考えられています。

しかし、この「2℃未満に抑える」ことは容易ではありません。

「2℃目標」を達成するには日本は2050年までにCO2を80%削減する必要があります。単純に考えて、80%削減というのは可能なのでしょうか?それも日本だけでなく、世界中の先進国でそのような大幅な削減を行い、途上国もCO2排出の伸びを押さえる必要があります。普通に考えると、そんな事は「不可能」に思えます。

(引用終わり)

そのように絶望して時にふと、精神病院に入院していた時に出会ったUさんの事を思い出した。Uさんの息子さんは物理学オリンピックに出場した人で、東京大学への進学を希望しているとのこと(その後、「もう入学している」ことを知らされたのだが)。

それならば、そのUさんの息子さんに革新的なエネルギー技術の開発をお願い出来ないか?

そしてGoogle検索で「東京大学」「エネルギー工学」とタイプした。すると、次のような画面が出た。

我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか

この技術だ!ここに人類の希望がある!僕はそう直感した。

しかし、なぜ、このような単純なGoogle検索で僕は人類の希望を見つけてしまったのだろう?そこには人智を超えた者の意志が働いていたのか?

どうしてこんな不思議な現象が起こったのか?僕にはさっぱり分からない。神は既にインターネットの中にも住み着いているのだろうか?

その後、僕はUさんにメールを書き(なお、彼にメールを書くのはこれが初めて)、上記の「我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか」について伝えた。すると驚くべき答えが返って来た。

Uさんの息子さんはこれから東京大学を受験するのではなく、既に東京大学工学部の3年生で、先端エネルギー工学を専攻しているのこと、また僕が伝えた「我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか」はまさに彼の興味に当てはまっているとのこと。

これはもう、何か不思議な力がこの世にはあって(あえてそれを「神」とは呼ばない)、それが我々人間を動かしているに違いないのではないか?と僕は考えた。

我々はこの技術を何としてでも完成させ、地球温暖化を防止しなければならないのだ。そして、それは日本人の技術力にかかっているのだ。

残念ながら、僕には物理学は良く分からない(一応、理科教員の免許を持ってはいるのだが、ニュートン力学は分かっても熱力学は良く分からない)。

それでは僕は何をすれば良いのだろうか?僕は、そういうことばかり考えて日々を送っている。

P.S.
その後、Uさんの息子さんは核融合の研究を志望していると知ったのだが、それでも「何か不思議な力がこの世にはあって、それが我々人間を動かしている」という直感はあまり変わっていない。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村

PageTop