FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ協定は地球温暖化を解決するか(2):山口光恒氏の見解

「パリ協定は地球温暖化を解決するか(1)⇒[記事へ]」では、パリ協定のCO2削減目標が非常に達成困難であることを説明した。


それでは、地球環境政策の専門家はパリ協定のCO2削減目標をどう捉えているのだろか?


本記事においては、日本国内の地球環境政策において影響力を持つ山口光恒氏(元慶応大学教授、地球環境産業技術研究機構参与)の見解を紹介する。


山口光恒氏がパリ協定を論じた論文は複数あるが、ここでは比較的理解しやすい「長期ゼロエミッション社会の構築に向けて(2016年)」http://eneken.ieej.or.jp/data/6794.pdf を読み解く。


論文は以下の4節より構成されている。


1. パリ協定の歴史的意義と持続可能性

2. 気候上昇限度目標(2℃目標)と気候感度

3. 2℃目標の達成と負のCO2排出の可能性

4. 新たな目標―長期CO2排出ゼロへの挑戦


以下においては、それぞれの節の内容を簡単に紹介する(文章を短くしたため、やや強引な文章の簡略があることをお断りしておく)。


第1節:パリ協定の歴史的意義と持続可能性

2015年12月にパリで開催された「気候変動枠組み条約第21回締約国会議」で合意されたパリ協定は、全ての国が自主的に自国の対策を約束(プレッジ)し、また先進国と途上国に分断されていた責任論を変質させたという点で歴史的意義を有するものである。さらに、今後5年ごとの見直しが制度化され、中長期的に削減目標をより強化する道筋が明確になった。

 持続可能性という観点では、気温上昇が2℃を十分下回るところにどとめること、および公平性原則に基づきかつ持続可能な発展と貧困克服の文脈で、温室効果ガスを正味ゼロ排出にすることで合意した。

 しかし、多くの研究は、現段階での各国の約束では到底今世紀中に2℃目標は達成できないと指摘している。


第2節:気候上昇限度目標(2℃目標)と気候感度

経済活動とCO2排出及びその濃度はある程度比例の関係にあるが、濃度と気温上昇の間には極めて大きな不確実性がある。こうした中で気温上昇限度目標を決めることは、それを達成する濃度に大きな幅があるということである。

 IPCC第5次報告書では、気候感度(CO2濃度が2倍に達したときの気温上昇の程度を表す指標)を3℃と仮定し、CO2等価濃度450ppmをほぼ2℃目標に対応する濃度としているが、このCO2等価濃度は気候感度の仮定によって変わる。気候感度3℃を前提に気温上昇限度目標を掲げて国際交渉が進み各種対策が議論されるのは脆弱な基盤に基づく意思決定といわざるを得ない。対策と同時並行的に進めるべきは気候感度の不確実性を縮小するための科学的検討である。


第3節:2℃目標の達成と負のCO2排出の可能性

IPCCの仮定の通り気候感度が3℃として、2℃目標が達成出来るかを考える。2℃目標を達成させるためには、2060年から2080年の間に排出をマイナスにし、2100年には世界で10ギガトンあるいはそれを超える負の排出が必要となる。

 負の排出の実現には色々な方法が提出されている(バイオ燃料を使用しその際排出するCO2を捕捉・貯留する等)が、それらには大規模な土地を必要とする等、問題点がある。また、2℃目標を達成するコストとそれにより回避させる損害(便益)の関係も不明確である。

 こうした点を総合すると2100年まで大幅な負のCO2排出の実現は極めて困難といわざるを得ない。更に突き詰めるとなぜ2℃目標化であるかについての明確な根拠もない。


第4節:新たな目標―長期CO2排出ゼロへの挑戦

上述の通り、2℃目標は2100年までに大幅な負のCO2排出が必要なため実現困難であるが、長期的にはCO2排出をゼロにしない限り気温上昇は続く。

 「長期CO2排出ゼロ」、これが2℃目標に替わる目標となる。パリ協定との相違は、2℃目標という絶対値での縛り、それに2100年までという時間の縛りを外すことである。なお、負の排出はあまりにも制約が大きいので前提としない。

<以上で山口論文のまとめは終わり>


山口光恒氏のパリ協定に対する見解を簡単にすると:


(1) パリ協定の「工業化以降の気温上昇を2℃以下にする」という目標は実現困難である(2100年までに大幅な負のCO2排出を必要とするため)


(2) 「長期CO2排出ゼロ」が2℃目標に替わる目標となる


ということになる。


では、この「長期CO2排出ゼロ」という目標に問題はないのだろうか?


これについては、そもそも「長期CO2排出ゼロ」がなぜ目標になり得るかも含め、日を改めて日記を書こうと思う。


(以上で今回の日記は完了とします。書くのに2週間もかかりました。)



ブログランキングに参加しています。 ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。 

   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

都 雄次

Author:都 雄次
専門はエネルギー経済の数値シミュレーションです。バハイ教という日本ではあまり知られていない宗教の信徒です。バハイ教はイランで発祥した宗教ですが、「人間はすべてひとつの地球家族に属する」「科学と宗教の調和」「男女の同等性」という先進的な教義を持っています。本日記では社会科学と宗教哲学を用いて地球環境問題と人間の心の問題を論じます。

記事一覧

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。