とあるバハイ教徒の日記

神の存在証明と地球温暖化防止

パリ協定は地球温暖化を解決するか(1)

パリ協定は、第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)が開催されたパリにおいて、2015年12月12日に採択された、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定である。

気候変動抑制に関する多国間の協定は、1997年に採択された京都議定書に続いて2つ目の協定であるが、京都議定書が先進国の間だけの協定であったのに対し、パリ協定は途上国も含めほぼ全世界の国々が参加する協定であることに違いがある。

パリ協定の内容は、『産業革命前からの世界の平均気温上昇を「2度未満」に抑え、さらに平均気温上昇「1.5度未満」を目指す』というものである。

実際、2度以上の気温上昇が生じれば生物種の大量絶滅などが起こると予想されており、「平均気温上昇2度未満」は人類が選択せざるを得ない目標値である。

問題は、各国がどのようにCO2を削減するかであるが、京都議定書が1990年比の削減量で統一し、削減量未達成の場合に罰則規定が存在するのに比べ、パリ協定では各国の目標は各国自らが定める「各国提案方式」がとられており、また削減量未達成時の罰則規定も無い。

以下に各国の目標値を示す。

<先進国>
米国: 2025年に-26%~-28%(2005年比)。28%削減に向けて最大限取り組む。
EU:  2030年に少なくとも-40%(1990年比)
ロシア:2030年に-25~-30%(1990年比)が長期目標となり得る
日本: 2030年度に2013年度比-26.0%(2005年度比-25.4%)
カナダ:2030年に-30%(2005年比)
オーストラリア: 2030年までに-26~28%(2005年比)
スイス: 2030年に-50%(1990年比)
ノルウェー:2030年に少なくとも-40%(1990年比)
ニュージーランド:2030年に-30%(2005年比)

<途上国>
中国: 2030年までにGDP当たりCO2排出量-60~-65%(2005年比) 。2030年前後にCO2排出量のピーク
インド: 2030年までにGDP当たり排出量-33~-35%(2005年比)。
インドネシア: 2030年までに-29%(BAU比)
ブラジル: 2025年までに-37%(2005年比) (2030年までに-43%(2005年比))
韓国: 2030年までに-37%(BAU比)
南アフリカ: 2020年から2025年にピークを迎え、10年程度横ばいの後、減少に向かう排出経路を辿る。2025年及び2030年に398~614百万トン(CO2換算)(参考:2010年排出量は487百万トン(IEA推計))

これらの削減目標を見ると、途上国の削減目標が甘いことが分かる(例えば、中国やインドのGDP当たりCO2排出量は先進国より遥かに大きい)。これは経済発展が優先されているからであり、CO2削減は二の次であるからである。

上記における各国の削減目標値は2030年が概ね目標年になっているが、これらの削減目標が達成出来たとして、『産業革命前からの世界の平均気温上昇を「2度未満」に抑え、さらに平均気温上昇「1.5度未満」を目指す』ことは可能なのだろうか?

これについては、過去に一度引用した経団連系のシンクタンク「21世紀政策研究所」の報告書から少しは読み取ることが出来る。

(以下、引用 http://www.21ppi.org/pdf/thesis/160311.pdf

(p.10) 2050 年 80%減のマグニチュードを考えてみよう。2030 年の 26%目標を達成するためには、現在から温室効果ガス排出量を年率 1.6%で削減しなければならない。そこから 2050年に 90 年比 8 割減を達成するためには 2030 年~2050 年に年率 7%近い排出削減が必要となる。2030 年目標は省エネ、原子力、再エネいずれの面でも非常にハードルの高いものであるが、一挙にその 4 倍以上のスピードで排出削減をせねばならないのである。2013 年度を基準年としても、2030 年度から 2050 年度にかけては、年率▲6.50%削減が必要となる。

(引用終わり)

このように、2030年~2050年では日本だけで考えてみても常識では考えられないような大きなCO2削減が必要とされるのである
(なお、2050年度に80%減という目標値は主要先進国で支持されている値であり、日本でも環境省はこれを支持している)。

正直なところ、日本が目標値と掲げる2030年における2013年度比-26.0%削減というのは厳しい値であるし、2030年~2050年に年率6.5%削減というのは常識的に見て無理である。

しかも、日本だけでなく世界中の国々がこのような厳しいCO2排出削減をするというのは夢物語ではないだろうか?

しかし、そうした夢物語のような厳しいCO2排出削減をしなければ、地球は壊滅的なダメージを受けてしまうのである。

この矛盾は解決されるのか、あるいは解決されずに地球が壊滅的なダメージを受けるのかについては、また日を改めて考察してみたい。

ブログランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

転載させていただきました。

転載させていただきました。
https://blogs.yahoo.co.jp/ja4_today_1994/14567057.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ja4_today_1994/14488114.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ja4_today_1994/14363108.html

環境ニュース | URL | 2017-09-20(Wed)10:27 [編集]