とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

僕達は皆、妄想の世界に生きている(1)

昨日の日記 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-63.html にはトランプ大統領が主観と偏見の強い人である、と書いた。

しかし、これはトランプ大統領だけでななく、我々皆に当てはまることなのである。

つまり、我々は皆、主観の世界に生きており、偏見を持っているのである。極端な表現で言うと、「我々は皆、妄想の世界に生きている」と言う事が出来る。

そして、インターネットはその「妄想の世界」を拡張していると僕は思う。

例えば、「インターネットビジネスで誰でも月収**万円が得られる」といった情報がウェブ上には満ち溢れており、それらの殆どは結局、詐欺的な情報なのであるが、我々はついついそういった情報を信じてしまう。

そういう情報を流すプロの人達は、とにかく我々が信じてしまいやすいようにあの手この手を使っており、我々は妄想を抱いてそうした詐欺情報に嵌ってしまうのである。

こうした情報は株式投資、FX、不動産投資、物販、アフィリエイト、引き寄せの法則、等々様々なジャンルにおいて存在している。

ネットビジネスにおいて、文章を読んで貰って稼ぐよりも「ネットビジネスで稼ぐ方法」を提供して稼ぐ方が稼ぎやすいのも、我々が「ネットで稼げる」という妄想に陥りやすいことに起因する(実際には、ネットで稼げているのは少数)。

このように「我々は妄想に陥りやすい」と書いている僕自身も、やはり妄想に陥りやすいのである。

例えば、僕はこれまで「引き寄せの法則」を肯定的に書いて来たが、もしかすると引き寄せの法則なんて無いのかも知れない。

しかし、何か「願望は実現する」という引き寄せの法則は魅力的で、それを信じてしまいたくなる。

問題は、もし「我々は妄想に陥りやすい」のが社会的に無害ならばさほど問題はないのであるが、これが大きな害のある事である。

最大の害を挙げると、核兵器の問題がある。

これは「敵が核兵器を使って攻撃してくる」という妄想に陥るから「相互確証破壊」という戦略が生まれ、地球を数十回も破壊出来る核兵器を所有するという狂気でしかない状態が、「合理的」であると理由により生じた。

このように、人間の理性はどこかに問題がある。

コンピューター技術の驚くべき進歩と、全然進歩しない人間の理性、これは将来、地球を破滅に導くことになりはしないか?

かつてはインターネットによるネットワークの台頭により高次の意識が生じ、自己中心的な物欲が捨てられ、ガイア意識が生じるという「グローバルブレイン(ピーター・ラッセル著、1985年)」という仮説があったのだが、その仮説は当たらず、現在インターネット上ではナショナリズムが高揚し、詐欺的な情報が蔓延り、人々はそれに乗せられて妄想に嵌り続けている。

いいかげん、このような世界はどうにかならないものだろうか?

そのためには、我々が妄想の世界に生きるのを止め、客観的にものごとを判断出来るようにする必要がある。

それには皆が悟ることが必要であると僕は考えているのが、どうだろうか(この結論は、エックハルト・トールと似ている)。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する