とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

この世が仮想現実であるかも?という個人的体験(1)

僕は2012年4月にストレスから双極性障害(躁うつ病)の躁状態になった。

その時、色々と目の前の世界が歪んだ体験をしたのだが、今日はそのうちの1つを取り上げる。

それは、僕の妻が妙なアクセントの方言で話しはじめた事である。

普段、妻は標準語のアクセントで話しているのだが、僕の躁状態がはげしくなったある日、妻が聞いたこともないアクセントの方言(東北弁に少し似ている)で話し始めた。そして、標準語アクセントに戻ったり、また妙なアクセントになったりしたのである。

この時、妻の世界では普通に標準語アクセントで話し続けていた。しかし、僕の世界ではそれが妙なアクセントに聞こえたのだ。

では、どちらの世界が客観的に見て正しい世界なのだろうか?

恐らく、妻の世界(標準語アクセントで話している世界)が正しい世界で、僕の世界(妻が妙なアクセントで話している世界)はニセの世界であるというのが正しい世界解釈であると考えられるだろう。

この時の僕の脳はひどく狂っており、現実を客観的に捉えることが出来なくなってしまっていたと解釈するわけである。

そうした妄想の中で僕は妻が妙なアクセントで話しているように捉えてしまったのではないか、というのが現時点の科学では正しい認識と考えられるだろう。

しかし、狂った脳が見た僕の世界(妻が妙なアクセントで話している世界)は、存在しない世界なのだろうか?もし、本当に存在しなければ、僕にはどうして妙なアクセントに聞こえてしまったのだろう?

なお、僕はこの躁状態の中で色々な人の会話を聞いたのだが、妙なアクセントの方言で話すのは妻だけで、後の人は普通のアクセントで話していたのである(この中には関西弁で話す関西人も居たのだが)。

ここで新たな発想として、「パラレルワールド」あるいは「仮想現実」を持ち出すことが出来るのである。

この発想で考える場合、妻の世界(標準語アクセントで話している世界)と僕の世界(妻が妙なアクセントで話している世界)は並行して生じており、どちらの世界も存在することになる。

この場合は、僕には妙なアクセントに聞こえてしまったのが「それもひとつの現実だから」という解釈になり、矛盾は生じない。

ただ、このような極端な事態(僕と妻が別の世界を見ている)は滅多に生じることがなく、通常は僕と妻は共通の世界を見ているのだろう。

このように、精神病が作り出す世界はひとつの「仮想現実」あるいは「パラレルワールド」と捉えると、これまで謎だった現象(幻覚、幻聴など)を説明することが可能になる。

もっとも、この「精神病パラレルワールド説」はあくまでも仮説であり、今後、科学が進めば否定されるかも知れないことはお断りしておきたい。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する