とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

三菱重工も原子力事業で危機に立っている

http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-14.html において、東芝が原子力事業を巡って経営危機に陥っていることを書いた。

それと同様に目下、三菱重工も原子力事業を巡って危機に立っているようだ(但し、東芝のように会社全体が潰れかねない規模ではない)。

東芝は子会社である米ウェスチングハウス社のAP1000という新型原子炉の建設が上手く行かずに大赤字を出した、という分かりやすい話だったのだが、三菱重工の場合は話が少し複雑である。

三菱重工は仏アレバ社と合弁会社「ATMEA社」を設立し、「ATMEA 1」という新型原子炉の開発をして来た。

この新型原子炉ATMEA 1は炉心溶解対策に加え、大型航空機が衝突しても耐えられるように設計されており、さらに地震対策も施されている。

しかし、そのATMEA 1が売れないのである。

まず、ほぼ受注にまで至っていたベトナムの原発建設計画が白紙撤回された。

他に、トルコにも売り込もうとしていたのだが、そちらも採算難ということでATMEA 1は目下、受注ゼロなのである。

それだけならばまだ傷は浅いのだが、三菱重工は経営難に陥っているアレバ社の救済に巨額の出資をしているのである。

福島原発事故は世界の原子力業界に大きな影響を与えてしまい、フランスでもアレバ社が経営難になったのだが、日本政府とフランス政府の原子力分野における協力に関するハイレベル対話が行われた。

そのハイレベル対話の結果を受け、三菱重工はアレバグループが設立する新会社「NewCo」に約2億5,000万ユーロ出資することで大枠合意した(2017年3月)。

さらに、4月になると、新たに設立するアレバの原子炉子会社「アレバNP」に三菱重工が約400億円を出資すると報じられた。

ということで、三菱重工は総額700億円をアレバに出資したことになる。

日経新聞は「三菱重工、仏アレバに苦渋の出資 原子力から引くに引けず」というタイトルの記事でこの出資を「先の見えない原子力事業への投資としては異例ともいえる規模だ」と書いた。そして、「社内の根強い懸念の声を振り切り、三菱重がこれにほぼ満額回答で応えたのは『20年、30年後にもう一度、原子力ルネサンスが来る』(関係者)可能性に賭けるから」と結論している。

さて、この三菱重工の賭けは当たるのだろうか?僕の予想では20年、30年後に来る原子力ルネサンスは、超高温ガス炉やトリウム溶融塩原子炉に移行していると考えるのだが、どうだろうか?

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する