とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地球温暖化防止は日本の技術力にかかっている:その1

僕は、地球温暖化の防止はもう手遅れだと絶望していた。

これについては http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-2.html の中で次のような事を書いた。

(以下、引用)

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告では、気候変動による深刻な影響を抑えるためには、「地球の平均気温の上昇を、産業革命の前と比べて「2℃未満」に抑える」ことが必要だと考えられています。

しかし、この「2℃未満に抑える」ことは容易ではありません。

「2℃目標」を達成するには日本は2050年までにCO2を80%削減する必要があります。単純に考えて、80%削減というのは可能なのでしょうか?それも日本だけでなく、世界中の先進国でそのような大幅な削減を行い、途上国もCO2排出の伸びを押さえる必要があります。普通に考えると、そんな事は「不可能」に思えます。

(引用終わり)

そのように絶望して時にふと、精神病院に入院していた時に出会ったUさんの事を思い出した。Uさんの息子さんは物理学オリンピックに出場した人で、東京大学への進学を希望しているとのこと(その後、「もう入学している」ことを知らされたのだが)。

それならば、そのUさんの息子さんに革新的なエネルギー技術の開発をお願い出来ないか?

そしてGoogle検索で「東京大学」「エネルギー工学」とタイプした。すると、次のような画面が出た。

我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか

この技術だ!ここに人類の希望がある!僕はそう直感した。

しかし、なぜ、このような単純なGoogle検索で僕は人類の希望を見つけてしまったのだろう?そこには人智を超えた者の意志が働いていたのか?

どうしてこんな不思議な現象が起こったのか?僕にはさっぱり分からない。神は既にインターネットの中にも住み着いているのだろうか?

その後、僕はUさんにメールを書き(なお、彼にメールを書くのはこれが初めて)、上記の「我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか」について伝えた。すると驚くべき答えが返って来た。

Uさんの息子さんはこれから東京大学を受験するのではなく、既に東京大学工学部の3年生で、先端エネルギー工学を専攻しているのこと、また僕が伝えた「我々はエネルギーをどのように利用すべきなのか」はまさに彼の興味に当てはまっているとのこと。

これはもう、何か不思議な力がこの世にはあって(あえてそれを「神」とは呼ばない)、それが我々人間を動かしているに違いないのではないか?と僕は考えた。

我々はこの技術を何としてでも完成させ、地球温暖化を防止しなければならないのだ。そして、それは日本人の技術力にかかっているのだ。

残念ながら、僕には物理学は良く分からない(一応、理科教員の免許を持ってはいるのだが、ニュートン力学は分かっても熱力学は良く分からない)。

それでは僕は何をすれば良いのだろうか?僕は、そういうことばかり考えて日々を送っている。

P.S.
その後、Uさんの息子さんは核融合の研究を志望していると知ったのだが、それでも「何か不思議な力がこの世にはあって、それが我々人間を動かしている」という直感はあまり変わっていない。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。