記事一覧

バハイ教徒の僕がなぜスピリチュアリズムの世界に足を踏み入れるのか?

宗教の信徒は通常、その人が所属する宗教・宗派の経典のみを頼りに自らの世界観を築くものである。その考えを僕にあてはめると、僕はバハイ教徒であるから、バハイ教の経典のみから自らの世界観を築くべしということになる。しかし、僕はエックハルト・トールを中心としたスピリチュアリズムからも自らの世界観を築こうとしている。この僕の行為はバハイ教に背くものかというと、僕はそうは考えていない。その根拠は、バハイ教の教...

続きを読む

プロフィール

都 雄次

Author:都 雄次
専門はエネルギー経済の数値シミュレーションです。バハイ教という日本ではあまり知られていない宗教の信徒です。バハイ教はイランで発祥した宗教ですが、「人間はすべてひとつの地球家族に属する」「科学と宗教の調和」「男女の同等性」という先進的な教義を持っています。本日記では社会科学と宗教哲学を用いて地球環境問題と人間の心の問題を論じます。

記事一覧

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -