とあるバハイ教徒の日記:第二支部

神の存在証明と地球温暖化防止

演繹法とは何か

http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-17.html の中で僕は『アブダクションを用いた論理的推論は「神の存在証明」としては不完全であるということになる』と結論した。

これまで書いて来たように、論理的推論には演繹・帰納・アブダクションの3種類がある。

僕は、これら3種類の論理的推論において「アブダクション」がもっとも有力な候補であると考えて来た。しかし、そのアブダクションが神の存在証明としては不完全だとわかってしまったのである。

ということは、残りの演繹と帰納を神の存在証明に用いることを検討しなければならなくなって来た。今回はそのうち、演繹について考えて見ることにする。

まずは、演繹を用いた神の存在証明は後日に検討することにして、本日は演繹そのものについて、考えてみたい。

演繹についてはwikipediaでも説明されているのだが、このwikipediaの説明は分かりやすいとは言えない。そこで、より分かりやすいNAVERまとめから該当部分を引用する。

(以下、引用 https://matome.naver.jp/odai/2139625697364840601

(前略)
演繹法は、「××だから、○○である」という論理を数珠つなぎにしていき、結論を引き出す方法です。

演繹法とは、一般論やルールに観察事項を加えて、必然的な結論を導く思考方法のことです。三段論法とも言われます。

「演繹法」は,ルール(大前提)から結論を導き出す思考の経路

演繹法による証明の例:
「人間はみな死ぬ」(大前提) → 「徳川家康は人間である」(小前提) → 「徳川家康は必ず死ぬ」(仮説。この仮説は正しい)

他の例その1:
「日本は高齢化が進んでいる」→「だが高齢者向けの施設は少ない」→「高齢者向けの施設を建設すればお客さんが集まる」

他の例その2:
「野菜は栄養がある」→「にんじんは野菜だ」→「だから、にんじんは栄養がある」
(後略)

(引用終わり)

僕の手元にある、近藤洋逸・好並英司著「論理学入門」には「混合仮言三段論法の肯定式」「混合仮言三段論法の否定式」「純粋仮言三段論法」「選言三段論法」「構成的ディレンマ」「破壊的ディレンマ」「簡約」「連言」「添加」の9種類の演繹を用いた推理が解説されている。

論理学の入門書でも、演繹についてはこれだけ複雑な推理形式が解説されており、それらは基本的には数学的な記述がなされているのだが、この日記ではそれら9種類の演繹を説明している余裕はない(僕の能力的、時間的、スペース的な都合上)。

したがって、上記のNAVERまとめの演繹法による証明の例で問題はないと考えることにする。なお、NAVERまとめの証明の例はどれも「混合仮言三段論法」であり、この論法だけが演繹法による証明ではないという事をお断りしておく。

さて、我々が演繹法を用いて証明したい事は何なのか?

それは「神は存在する」という仮説(演繹法では正しい仮説になる)である。

それでは、どういった大前提・小前提を用いれば「神は存在する」という演繹推理が可能になるのだろうか?

僕の考えでは、デカルトが演繹推理を用いた神の存在証明にトライしており、そこでの大前提は「私は存在する」という命題なのである。確かに、この「私は存在する」という命題は僕にとっても、大方の皆さんにとっても正しい命題のように思える。

今日の日記はここまでの考察とするが、次はまずデカルトによる神の存在証明について検討することにしたい。

P.S.
wikipediaでも他のサイトでも、「神の存在証明」について、論理的推論には演繹・帰納・アブダクションの3種類があるという議論を持ち出した説明がどこにもないのはなぜなのだろうか?まさか、誰もこの点に気づいていないとは思えないのだが・・。

P.S.2
上記のNAVERまとめの例は、演繹推理としては妥当でないかも知れない。例えば、「日本は高齢化が進んでいる」→「だが高齢者向けの施設は少ない」→「高齢者向けの施設を建設すればお客さんが集まる」において、施設を建設してもその入居費が高すぎればお客さんは集まらない。また、この「日本は高齢化が進んでいる」に基づく推論が三段論法であるか、他の論法であるか、僕には分からない。このように、演繹推理を使いこなすのは難しいのである。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

アブダクション(仮説形成)による神の存在証明

4月8日の日記 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-13.html において、僕はアブダクション(仮説形成)という論理的推論が神の存在証明において重要になるのではないか、と結論した。

そこで、本日はアブダクションと神の存在証明について、考察を進めることにする。まずは、アブダクション(仮説形成)について、wikipediaの記事から引用する。

(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/論理的推論

論理的推論(ろんりてきすいろん、英: logical reasoning)は、論理学において演繹、帰納、アブダクション(仮説形成)の3種類に区別されうる。「前提条件」(precondition)、「結論」(conclusion)、そして「『前提条件』は『結論』を含意する」という「規則」(rule)があるとすると、それら3種の推論は次の仕方で説明されうる。

(中略)

アブダクション(仮説形成)
アブダクション(仮説形成)は「前提条件」を規定することを意味する。この推論は「結論」と「規則」を用いて、「『前提条件』は『結論』を説明することができるだろう」ということを裏づけることである。例えば、「芝生が湿っている。雨がふると芝生が湿る。したがって、雨がふったに違いない。」歴史科学者や診断専門医、探偵は通常、この種の推論にかかわっている。

(引用終わり)

(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/アブダクション

(前略)
アブダクションは、関連する証拠を――真である場合に――最もよく説明する仮説を選択する推論法である。アブダクションは観察された事実の集合から出発し、それらの事実についての最も尤もらしい、ないしは最良の説明へと推論する。

アブダクションという用語はまた、たんに観察結果や結論を説明する仮説が発生することを意味するためにもときおり使われる。だが哲学やコンピュータ研究においては、前者の定義がより一般的である。

(中略)

アブダクションは、結論 b に規則「 a ならば b である」を当てはめて仮定 a を推論する。帰納が仮定と結論から規則を推論するのに対し、アブダクションは結論と規則から仮定を推論する。

アブダクションは、推論した仮定が真であることを保証しない。アブダクションそれ自体としては、形式的には論理学でいう後件肯定に等しい。

このようにアブダクティヴな推論はそこで提起される原因が疑わしいので、「前後即因果の誤謬 (Post hoc ergo propter hoc)」という時間の前後関係を因果関係と混同した虚偽の論法に似ている。

(引用終わり)

これを、エベン・アレグザンダーと僕の「神体験」に当てはめると、次のようになる。

「ある人が神を感じた。神が存在するなら、ある人は神を感じることが出来る。したがって、神は存在するに違いない。」

神を感じた人は歴史の中に沢山いると思う。

有名な例として、ソクラテスの弟子が、アポロンの神託所において、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねてみたところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えられた、という記述がプラトンの名著『ソクラテスの弁明』にある。

これらを考えると、アブダクションによって神の存在証明することは有効なように感じられる。

しかし、上のwikipedia記事にある通り、アブダクションによる論理的推論は、推論した仮定が真であることを保証しないのである。つまり、アブダクションは「神の存在証明」としては不完全であるということになる。アブダクションによる「神は存在するに違いない」という結論は「神は存在する」という命題を保証しないのである(「違いない」と言っているだけで本当に神が存在するかどうかは確証されていないのである)。

ということは、神の存在証明には演繹か帰納を用いる方がより妥当なのだろうか?

これについては、また後日考察して行こうと思う。

ブロクランキングに参加しています。
ぜひ『ぽちっ』と押してやってください。
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

関連記事

PageTop