記事一覧

パム・レイノルズの臨死体験の重要性について

僕は3月29日のブログ http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-5.html において、「客観的なスピリチュアリズムの例」としてパム・レイノルズの臨死体験を紹介しました。この臨死体験は世界的には有名なものですが、日本ではエベン・アレクザンダーの「プルーフ・オブ・ヘヴン」に比べると知名度が低いようです。なお、このパム・レイノルズの臨死体験については、「疑り深い人による精神世界日誌」というサイトに詳細がまとめ...

続きを読む

客観的なスピリチュアリズムの例

僕は3月29日のブログ http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-4.html の中で、「可能な限り客観性を持った視点でスピリチュアルを語ると、スピリチュアリズムに進歩が生まれます。」「皆がウソか本当か分からない事ばかり言っている現状では、スピリチュアリズムの世界に進歩はないと僕は断言します。」と書きました。そこで、今回は客観的にスピリチュアリズムを捉えた例を紹介します。今回取り上げるのは、パム・レイノルズ ...

続きを読む

スピリチュアルの分野では「ウソをつかないこと」が重要

スピリチュアルや心霊の事を書いた本やブログ、またその種のものを扱ったテレビ番組は数多くあります。また、霊能者を名乗る人も数多くいます。ただ、それらを書いたり言ったりしている人にどれだけ本当の事を言っている人がいるのでしょうか?これは僕の勝手な想像かも知れませんが、恐らくはそれをネタにするとお金になるから、という理由で適当にウソを言っている人が多いのではないでしょうか?UFO写真などはコンピューターで...

続きを読む

地球温暖化防止は今後20~30年以内の対策がカギ。

3月27日の日記 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-2.html において、僕は「革新的な新エネルギー技術の開発を何としてでも成功させよ」をいう結論を出しました。しかし、問題はその新エネルギー開発に時間を掛けている間がないほど、地球環境問題は差し迫った問題なのです。例えば、以下のwikipedia記事を見てください。(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/地球温暖化 )(前略)一度環境中に増えた二酸化炭素な...

続きを読む

地球温暖化は防げるのか?

地球温暖化にについて、まずは科学的な知見を少しだけ述べます。(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/地球温暖化 )地球表面の大気や海洋の平均温度は「地球の平均気温」あるいは「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。地球の平均気温は1906年から2005年の100年間で0.74℃(誤差は±0.18°C)上昇しており、長期...

続きを読む

神は存在するのか?しないのか?

皆さんの多くは、「神なんて存在しない」と思っていると僕は想像する。変な話だが、バハイ教徒である僕も、つい最近まで「神なんて存在しないのでは?」と思っていた。また、「利己的な遺伝子」で有名なリチャード・ドーキンスもミリオンセラー「神は妄想である」の中で次のような意見を述べている。(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/神は妄想である )ドーキンスはこの本の中で、科学的精神こそが唯一真に普遍的且つ合...

続きを読む

プロフィール

都 雄次

Author:都 雄次
専門はエネルギー経済の数値シミュレーションです。バハイ教という日本ではあまり知られていない宗教の信徒です。バハイ教はイランで発祥した宗教ですが、「人間はすべてひとつの地球家族に属する」「科学と宗教の調和」「男女の同等性」という先進的な教義を持っています。本日記では社会科学と宗教哲学を用いて地球環境問題と人間の心の問題を論じます。

記事一覧

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -