記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

パリ協定は地球温暖化を解決するか(3):長期CO2排出ゼロについて

「パリ協定は地球温暖化を解決するか(2)⇒[記事へ]」では、日本の地球環境政策に影響力を持つ山口光恒氏のパリ協定への見解を紹介した。参考にした山口氏の論文は http://eneken.ieej.or.jp/data/6794.pdf 「長期ゼロエミッション社会の構築に向けて(2016年)」である。山口光恒氏のパリ協定に対する見解は:(1) パリ協定の「工業化以降の気温上昇を2℃以下にする」という目標は実現困難である(2100年までに大幅な負のCO2...

続きを読む

パリ協定は地球温暖化を解決するか(2):山口光恒氏の見解

「パリ協定は地球温暖化を解決するか(1)⇒[記事へ]」では、パリ協定のCO2削減目標が非常に達成困難であることを説明した。それでは、地球環境政策の専門家はパリ協定のCO2削減目標をどう捉えているのだろか?本記事においては、日本国内の地球環境政策において影響力を持つ山口光恒氏(元慶応大学教授、地球環境産業技術研究機構参与)の見解を紹介する。山口光恒氏がパリ協定を論じた論文は複数あるが、ここでは比較的理解しや...

続きを読む

パリ協定は地球温暖化を解決するか(1)

パリ協定は、第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)が開催されたパリにおいて、2015年12月12日に採択された、気候変動抑制に関する多国間の国際的な協定である。気候変動抑制に関する多国間の協定は、1997年に採択された京都議定書に続いて2つ目の協定であるが、京都議定書が先進国の間だけの協定であったのに対し、パリ協定は途上国も含めほぼ全世界の国々が参加する協定であることに違いがある。パリ協定の内容は、『産業革...

続きを読む

2030年以前のCO2削減はどうするか

以前にも述べた問題であるが、地球温暖化防止は、今後20–30年以内の対策が大きな意味を持つ。該当するwikipedia記事を引用する。(以下、引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/地球温暖化 )(前略)一度環境中に増えた二酸化炭素などの長寿命な温室効果ガスは、能動的に固定しない限り、約100年間(5年–200年)にわたって地球全体の気候や海水に影響を及ぼし続けるため、今後20–30年以内の対策が温暖化による悪影響の大小を大きく...

続きを読む

トランプ大統領のパリ協定離脱について

米東部時間6月2日午後3時過ぎ、トランプ大統領は地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」から離脱することを表明した。パリ協定の内容は、「産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑える。さらに、平均気温上昇1.5度未満を目指す」という内容である。CO2排出の国別内訳は中国が一番多く(人口が多いから)、ついでアメリカが多くなっている。世界の温暖化ガスの約4割は中国とアメリカによって占められている。...

続きを読む

地球温暖化防止とファシズム(1)

地球温暖化防止のためにはCO2排出削減をしなければならない。他方、経済活動に伴うエネルギー消費はCO2排出に結びつく。ゆえに、CO2排出削減のためには経済活動を抑制しなければならない、という議論がある。これは、全体のために個人の自由を犠牲にしなければならない、という全体主義(ファシズム)であると見なすことも出来る。EICネットには、「地球全体主義」について以下のように説明されている。(以下引用、http://www.eic...

続きを読む

環境倫理学と地球温暖化防止

地球温暖化防止は、人類社会が将来的にも持続出来るようにすることを目的としている。これは一種のコンセンサスと言って良いだろう。他方で、地球温暖化防止を倫理学的な観点から捉えることも可能である。本日は「環境倫理学」の立場から見ることにより、現在の地球温暖化防止への取り組みにどういう問題があるかを考えることにする。アラン・マーシャルによると、過去40年の間、環境倫理学には以下の3つの考え方があるとする(以...

続きを読む

経済学者の多くはパリ協定の2℃目標を達成困難と考えている

パリ協定は、2015年12月に採択された、地球温暖化防止を目的とした国際的枠組みである。地球温暖化防止を目的とした国際的枠組みには過去には京都議定書(1997年に採択)があったが、京都議定書が主に先進国を中心とした枠組みであったのに対し、パリ協定は世界の196カ国・地域を対象国とした枠組みであることが大きく異なる。パリ協定においては、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えることをめざし、「1.5℃未満」も努力目標...

続きを読む

宇宙太陽光発電の実現可能性について

自然エネルギーというと、現在普及が進んでいるものに太陽光発電がある。太陽光発電は地球温暖化防止のための技術としては優れているものの、短所も色々とある。第一の短所は発電量が不安定である点である。太陽光は天候に大きく左右され、また夜間は出力がゼロになる。第二の短所は発電施設に多くの面積を必要とする点である。これは変換効率によっても変わるが、現時点では太陽光発電の発電施設には大きな面積が必要である。第三...

続きを読む

地球温暖化防止は日本の技術力にかかっている:その2

2017年4月10日の日記 http://yujimiyako.blog.fc2.com/blog-entry-14.html において、AP1000という新型の原子炉が建設中であると書いた。このAP1000の特徴は、原子力事故において致命的な「メルトダウン」という状態を防ぐ工夫がなされている。AP1000は米ウェスチングハウス社の設計による原子炉であるが、メルトダウン対策に基づいた設計をしている原子炉には、もう一つ仏アレバ社による「EPR」という原子炉がある。このEPRについ...

続きを読む

プロフィール

都 雄次

Author:都 雄次
専門はエネルギー経済の数値シミュレーションです。バハイ教という日本ではあまり知られていない宗教の信徒です。バハイ教はイランで発祥した宗教ですが、「人間はすべてひとつの地球家族に属する」「科学と宗教の調和」「男女の同等性」という先進的な教義を持っています。本日記では社会科学と宗教哲学を用いて地球環境問題と人間の心の問題を論じます。

記事一覧

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。